2010年12月27日

シュトーレン

stollen.jpg


25日の朝9時半に、突然思い立ってシュトーレンを焼くことにしました。

といっても、12時半には出かける予定があったので、3時間しかありません!

そこで、時間のない時の神頼み、白神こだま酵母のお力拝借となりました。

とにかく早くできるので、時間のない時には大助かりです。

あっという間にドライフルーツとナッツがたっぷり入ったスパイスの香り漂うおいしそうなシュトーレンが焼けました。


[材料]長さ25cmのもの1個分

白神こだま酵母ドライ・・・6g
ぬるま湯(35度位)・・・・18g


強力粉・・・・220g
薄力粉・・・・100g
てんさい糖・・・大さじ2
塩・・・・・小さじ1/2
スパイス(シナモン、ナツメグ、カルダモン、クローブ等)小さじ1


ぬるま湯(35度位)・・・・180cc
なたね油・・・・大さじ3


洋酒づけドライフルーツ(レーズン、カレンツ等)・・・100g
ナッツ(くるみ、アーモンド等)50~80g


メープルシロップ・・・適量
てんさい糖・・・適量(バーミックスで粉糖にする)



[シュトーレンの作り方]
1.Aを合わせて溶かしておく。
2.Bをボウルに入れ、Cのぬるま湯となたね油と1を加えて混ぜる。
3.ひとまとまりになったら台の上などで、たたきつけないように4~5分こねる。
4.ラップなどをふんわりかぶせて5分休ませ、さらに5分ほどこねてDのドライフルーツとナッツを加えてさらに2分ほどこねる。表面をきれいにまとめてボウルに入れ、ふんわりとラップをかぶせて、ストーブの近くなど暖かいところ(30度)で50分発酵させる。(こねあげた時の生地の温度は30~32度になるように)
5.約2.5倍にふくらんだら、天板の上にオーブンペーパーをのせ、その上で生地をだ円形にする。その時、端から4~5cm位の所を縦方向に他より2cm高く(山脈のように)しておく。山脈にかぶせるように反対側から生地を縦に半分に折り、シュトーレンの形を作る。
6.オーブンを15秒ほど温め(30度位にする)、その中に5を入れて50分発酵させる。
7.オーブンから6を取り出し、オーブンを180度に予熱する。
8.180度のオーブンで20~25分焼く。
9.焼きあがったらオーブンから取り出し、冷めてからメープルシロップをぬり(本来はバターですが)、てんさい糖の粉糖をふりかける。


stollen2.jpg



白神こだま酵母で作るパンはフワフワに焼きあがるので、ズッシリとしたシュトーレンがお好みの方にはホシノ天然酵母をお使いになることをお勧めします。

シュトーレンは、白い布で包まれた生まれたばかりの赤ん坊(イエスキリスト)の姿を表現しているそうで、真っ白い粉砂糖をたっぷりとかけるものですが、それだとあまりにも甘いので、粉糖は少なめにしました。

生地をこねあげた時に30~32度になるのが理想なのですが、冷蔵庫から出したばかりのレーズンを加えたせいで25度になってしまい、なんとかして早く温めなきゃ!と思って考えた方法が、「ビニール袋に入れて抱きしめる」でした。

5分ほどで32度まで温度が上がり、無事に発酵してくれましたが、赤ちゃんを抱っこしているようで、これこそまさにシュトーレンだわ、と1人で感動してました。
どーでもいい話ですみません(;^^)




白神こだま酵母ドライ 10g×5包


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(シュトーレン 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)

posted by スミレコ at 00:32| Comment(1) | TrackBack(0) | パン Bread | 更新情報をチェックする