2017年11月01日

ブラムリーのアップルパイ

bramley apple pie4.jpg


ブラムリーという品種のりんごを使ってアップルパイを作ってみました。

酸味が強くておいしい!

ブラムリーはおととし長野県の小布施に遊びに行った時に初めて知りました。
イギリスで200年前頃から愛され続けている品種で、香りが良くレモンのような酸味がある調理用の青りんごです。(注:上の写真のりんごはブラムリーではありません)


bramley2.jpg


この真っ青で、形がちょっと無骨な感じのりんごがブラムリーです。

私の家族は酸っぱいりんごが大好きなので、生で食べよう!と言ってちょっと食べてみましたが、思った以上にかなり酸っぱくて渋みもありギブアップ!

残りはジャムにして食べました。紅玉よりずっとずっと酸っぱいりんごです。

その時は高級品でかなり高かったのですが、今年はお手頃の値段で出回っていたので、アップルパイを焼いてみることにしました。

ブラムリーは、あっという間に果肉がトロトロに溶けてしまうので、形の残る「ふじ」を混ぜて煮ました。

酸味がとても強いので他のりんごに比べるとてんさい糖などの甘みを多く入れたほうがおいしくできます。

パイ皮は、よりパイらしくなるように強力粉を混ぜました。サクサクのパイ皮です。



[材料](直径20cmのパイ皿1個分)
A(フィリング)
りんご(ブラムリー。なければ紅玉)・・・大2個(1口大に切る)
りんご(ふじ)・・・1個(1口大に切る)
シナモン・・・小さじ1
水・・・・・100cc
塩・・・・・1つまみ
てんさい糖・・・大さじ2〜(好みで調節)


B(パイ皮)
薄力粉・・・・・・190g
強力粉・・・70g
塩・・・・小さじ1/2
なたね油・・・大さじ6
豆乳・・・大さじ3強
酢・・・小さじ1/2
水・・・大さじ2程度


メープルシロップ・・・適量



[ブラムリーのアップルパイの作り方]
1.Aの材料をなべに入れ火をつけ、かきまぜながら沸騰させ、沸騰したら火を弱めてふたをし、10~15分位煮て水気がなくなったら火からおろし冷ましておく。
2.薄力粉と強力粉をボウルに入れ、なたね油を加えて、両手ですりあわせるようにして混ぜ、砂状にする。
3.2に塩と酢を混ぜた豆乳を少しずつ加え、こねないように1まとめにする。固いようなら水を少しずつ加えて調節する。ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせる。
4.オーブンペーパーを敷いた上に2等分にした生地の1つをのせ、その上にラップをかぶせ、めん棒で丸く薄くのばしていく。まず、上面の生地を作る。パイ皿を逆さにかぶせ、パイ皿より1cm大きくカットする。クッキー型などを使って装飾する。乾燥しないようにラップをかぶせておく。
6.もう1つの生地も同じように丸く薄く伸ばす。
4.パイ皿の底にオーブンペーパーを丸くカットした物を敷き、サイドになたね油を塗る。6の生地をパイ皿にかぶせ、ピッタリと沿わせ、はみ出した部分をカットする。プラスチックのカードを使うとカットしやすい。
7.1の煮たりんごを流し入れ、5の上面の生地をのせる。めん棒にクルクルと巻き付けてからのせると良い。
8.180度に温めておいたオーブンに入れて25分〜30分ほど焼く。上面が焦げるようならアルミホイルをかぶせる。
9.焼きあがったパイの上にメープルシロップを塗る。

りんごを煮たら必ず味見してください。ちょっと甘いかな、という位でちょうどよくなります。

パイ生地にお酢を混ぜるのはグルテンの働きを弱めて、生地を伸ばしやすくするためです。


bramley apple pie3.jpg


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ブラムリーのアップルパイ 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)


posted by スミレコ at 14:11| Comment(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

アボカドクリームのベリータルト

avocadocream berrytart2.jpg


皆様クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

今年はアボカドクリームのフルーツタルトを作りました。

アボカドのグリーンとベリーの赤がかわいらしくてクリスマス気分を高めてくれます!

アボカドクリームはとってもキュートで、やみつきになる味です💕


[材料]19cmタルト型1個分

(クラスト)

薄力粉・・・・・90g
くず粉・・・・・大さじ2(パウダー状のもの)


なたね油・・・・大さじ2と1/2


豆乳・・・・・・大さじ1と1/2
塩・・・・・・・小さじ1/8
てんさい糖・・・大さじ2
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2(豆乳に混ぜておく)

(フィリング)
C.
アボカド・・・・大1個
豆腐・・・・・・1/2丁(150g)
てんさい糖・・・大さじ4
バニラエキストラクト・・・小1
塩・・・・・・・・1つまみ




(グレイズ)
E.
りんごジュース・・・大さじ3
メープルシロップ・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・1つまみ
くず粉・・・・・・・・小さじ1/2
水・・・・・・・・・・大さじ3

(飾り)
フルーツ・・・・・・・適量
(いちご、ラズベリー、ブルーベリー)



[アボカドクリームのベリータルトの作り方]
1.ふるったAにBのなたね油を入れ、手ですりあわせて砂状にする。
2.混ぜ合わせたCを少しずつ加え、フォークでまとめる。水分が足りない場合は豆乳を足す。
3.こねないようにまとめて、ラップにくるんで冷蔵庫に30分入れる。
4.3を2~3mmのうすさの円形にのばす。(クッキングペーパーの上に生地をのせサランラップをのせて、めん棒で伸ばすときれいにできます。)なたね油をぬったタルトの型に敷く。フォークをさして数カ所穴をあける。(ピケする)
5.タルト生地の上にオーブンペーパーをかぶせ、その上に専用のおもしを敷きつめて(ない場合は小豆を敷きつめる)180度に温めたオーブンで15分焼く。焼きあがったら型からぬいて冷ましておく。
6.Cのフィリングの材料をフードプロセッサーやバーミックスなどで混ぜ合わせてなめらかなクリーム状にする。
7. 冷ましたタルトに流し込み、冷蔵庫で冷し固める。
8. Eのグレイズの材料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら弱火で3分煮る。
9.フルーツを並べる。上から冷ましたグレイズをぬる。



我が家は娘たちも夫も仕事で出かけていて、クリスマスイブとクリスマスの2日間ほとんど私1人で家でさびしく過ごしました。

こんなことは結婚してから初めてのことでした。
こどもたちが成長したっていうことなのでしょうね。

25日の夜、バラバラに帰宅した娘2人と夫にそれぞれ付き合って、3回もクリスマスパーティーをしちゃいました!

アボカドクリームのベリータルト、みんなとっても喜んでくれました!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(アボガドクリームのベリータルト 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)

posted by スミレコ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

ココナッツクッキー

IMG_0355.jpg


マレーシアのココナッツクッキーのおいしさに魅せられてしまった娘が、これとまるで同じのを作って〜!とリクエストしてきました。

ずいぶん簡単に言いますこと!

しょうがないわねえ、というわけで、なるべくその味と食感を忠実に再現しようと思って作ったクッキーが、このココナッツクッキーです。

ザクザクガリガリとしたハードなクッキーですが、ココナッツの香りいっぱいでクセになります。


[材料]50枚分程度

地粉(または薄力粉)・・・200g
アルミニウムフリーベーキングパウダー・・・・6g


なたね油・・・・・・・・・大さじ2
豆乳・・・・・・・・・・・80cc
てんさい糖・・・・・・・・大さじ5
塩・・・・・・・・・・・・2つまみ
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2


ココナッツファイン・・・・50g


[ココナッツクッキーの作り方]
1.Bをボウルに入れてよくまぜる。
2.1にふるったAを加えてゴムベラでまぜ合わせ、Cを加えてさらにまぜ、1まとまりにする。
3.めん棒位の筒状にまとめ、ラップに包んで冷凍庫で凍らせる。
4. 凍ったら取り出して、厚さ5mmにカットし、オーブンペーパーを敷いた天板にのせ、140℃に温めたオーブンで15分〜20分焼く。
5. きれいな色に焼き上がったら、冷めるまでオーブンに入れたままで、しっかり乾燥させる。

乾燥が足りない場合は、もう1度120℃のオーブンに入れて数分焼いてみてください。


娘は凍らせずに、手で色々な形にまとめて、かわいいクッキーを作りました。

IMG_0333.jpg



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(ココナッツクッキー 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)

posted by スミレコ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

お麩でフレンチトースト

French Toast.jpg


お友達から山形のお土産にお麩をいただきました。

そのお麩を使ってフレンチトーストを作ってみたら、モチモチしてとってもおいしかったです!


[材料]
[材料]1人分
ココア・・・・小さじ1
くず粉・・・・大さじ1(薄力粉でもOK)
豆乳・・・・・大さじ3
メープルシロップ・・・大さじ1/2~1
バニラエキストラクト・・・・少々
塩・・・・・少々

お麩・・・・4枚


[作り方]
1.お麩以外の材料をボウルに入れて泡だて器でよくかきまぜる。
2.お麩を1にひたす。
3.オーブントースターの天板にオーブンペーパーを敷き、2を並べて3~4分焼き、裏返して2~3分焼く。


くず粉を使うと、少しもっちりした感じになり、小麦粉を使うと表面がややサクッとした感じになりますが、大きな違いはありません。

小麦粉を使う場合はダマになりやすいので、粉をふるってから使います。

そのまま食べてもおいしいですが、好みでメープルシロップをかけて召し上がってください。

その場合、混ぜ込むメープルシロップの量は少なめの大さじ1/2でいいと思います。


ココアを入れずにプレーンタイプのフレンチトーストも作ってみました。
どちらもおいしいです!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(お麩でフレンチトースト 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)


posted by スミレコ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

プリンタルト

custard pudding tart.jpg


大好きな豆乳カスタードプリンをタルトに流し込んでプリンタルトを作ってみました。

「どうしてタルトにプリンなの〜?」と不満げだった娘も、

スプーンを入れたとたんにあふれでるカラメルソースに「えっ、なにこれ〜!」と驚喜し、

一口食べて「おいし〜い!!」と満面の笑顔。

タルトはサクサクです。

実は私も、カラメルソースがこんなふうになるとは予想していなかったので、ちょっと感動してしまいました!

作ってから4〜5時間たった時がこの状態です。

12時間たった時はカラメルはタルトにしみこんでしまっていましたが、タルトがしっとりした感じになっていて、それもまたおいしかったです。


[材料]直径8cmのマドレーヌ型6個分

(クラスト)

薄力粉・・・・・90g
くず粉・・・・・大さじ2(パウダー状のもの)


なたね油・・・・大さじ2と1/2


豆乳・・・・・・大さじ1と1/2
塩・・・・・・・小さじ1/8
てんさい糖・・・大さじ2
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2(豆乳に混ぜておく)

(カラメルソース)
D
てんさい糖・・・・大さじ3
水・・・・・大さじ1

別に、水・・・・大さじ1


(プリン)

豆乳・・・・300cc
ゆでかぼちゃ・・・・皮のないもの2cm角位
(生のかぼちゃを使う場合はすりおろす)

G
てんさい糖・・・・大さじ2と1/2
塩・・・・1つまみ
粉寒天・・・小さじ1/2
バニラエキストラクト・・・小さじ1/2
(またはバニラビーンズ・・・1.5~2cm)


くず粉・・・・小さじ3
豆乳・・・・少々



[プリンタルトの作り方]
1.ふるったAにBのなたね油を入れ、手ですりあわせて砂状にする。
2.混ぜ合わせたCを少しずつ加え、フォークでまとめる。水分が足りない場合は豆乳を足す。
3.こねないようにまとめて、ラップにくるんで冷蔵庫に30分入れる。
4.3を2~3mmのうすさの円形にのばす。(クッキングペーパーの上に生地をのせサランラップをのせて、めん棒で伸ばすときれいにできます。)なたね油をぬった型に敷く。(今回はマドレーヌ型を使いました。)フォークをさして数カ所穴をあける。(ピケする)
5.170度に温めておいたオーブンに入れて15分焼く。途中で、底が盛り上がってきたらフォークで穴をあけて押さえ、平らにする。表面が焦げるようならアルミホイルをかぶせる。焼き上がったらオーブンから取り出して冷ましておく。
6.カラメルソースを作ります。なべにDを入れて中火にかけ、きれいなべっこう色になった後、さらに少し焦げてカラメルのいい香りがして濃い茶色になったら火を止めてEの水を加え、固まらないうちに5のタルトに流し込む。
てんさい糖は初めからべっこう色をしているので、あまり早く火を止めてしまうと、色はついていても全くカラメルの味になっていないことがあるので、必ず焦がして濃い色にしてください。
7.Fの豆乳に茶こしを使ってかぼちゃを溶かす。生のかぼちゃを使う場合は、すりおろしてから茶こしでこして使う。
8.7にGを加えて中火にかける。膜がはらないように時々かき混ぜながら沸騰させたら弱火にして2~3分煮る。バニラビーンズを使う場合は開いて種を出して加える。皮からも良い香りがでるので皮もいっしょに煮て最後に取り除く。
9.いったん火を消してからCのくず粉と豆乳を混ぜたものを、かき混ぜながら加え、火をつけて再沸騰したら2分ほど煮る。
10.荒熱をとってから6のタルトに流し込み冷蔵庫で冷やし固める。


かぼちゃは色付けのために入れるので、入れなくてもおいしくできます。

今回はマドレーヌの型を使いましたが、もう少し背の高い型を使ってもいいと思います。

プリン型で作っても楽しそうですね!


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(プリンタルト 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)


posted by スミレコ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き菓子 | 更新情報をチェックする