2015年09月08日

アマンドショコラ カシューショコラ 

amand chocolat.jpg


アマンドショコラを作ってみました。

カシューナッツでも作ってみました。フランス語だとnoix de cajou chocolatだから、日本語読みでノワドゥカジューショコラ、あってるかしら?
聞き慣れないから変な感じ(^^;)

ま、わかりやすくカシューショコラってことで。

アーモンドとカシューナッツの周りをカラメルでコーティングし、その上にチョコレートを重ねます。

カリッとした食感と、香ばしく甘いカラメル、ほろ苦いチョコレート、やめられない、止まらないの美味しさです!



[材料]
ローストアーモンド 50g
ローストカシューナッツ35g


てんさい糖・・・大さじ3
水・・・大さじ1

板チョコレート(てんさい糖使用のもの)・・・80g
ココアパウダー・・・適量


[アマンドショコラ・カシューショコラの作り方]
1. なべにてんさい糖と水を入れて火にかける。
2. 大きな泡がたってきたらアーモンドとカシューナッツを入れ、かきまぜ続ける。
3. てんさい糖が焦げて香ばしい香りがするカラメル状になったら、クッキングシートの上に流し広げ、熱いうちにスプーンなどを使って1粒1粒がくっつかないように離して冷ます。
4. 板チョコレートを包丁で細かくくだき、乾いたボウルに入れる。鍋に7分目まで水を入れて沸騰させ、火を止めたらチョコレートの入ったボウルを浮かべて湯煎で溶かす。(絶対に水が入らないように気をつける)
5. 別のボウルに3のナッツを入れ、溶かしたチョコレートの1/3量を加え、ゴムベラで混ぜながらコーティングする。固まりづらい時は、ボウルの直径より少し小さめのなべに7分目まで水を入れ氷を2〜3個浮かべたところに、ボウルをのせて冷やしながら混ぜると固まってきます。チョコレートがボウルに張り付かないようにゴムベラでしっかり混ぜてください。
6. チョコレートが固まりかけてきたら、さらにチョコレートの1/3量を加え、同じようにしてコーティングする。
7. 最後の1/3量のチョコレートを加えてコーティングができたら、1粒1粒がくっついてしまう前にココアパウダーをふりかけて混ぜ合わせる。


室温が高いとなかなかチョコレートが固まらないので、エアコンをかけて涼しくするといいですよ。

チョコレートのボウルに水が入ると固まりにくくなるので、気をつけてください。



同じやり方で、レーズンの上にチョコレートをコーティングして、レーズンチョコも作ってみました。(カラメルコーティングはせず、チョコレートのみです。)

raisin chocolat.jpg

これもたまらないおいしさでした!

このチョコレートコーティングの仕方を覚えると、色々なものをコーティングできちゃうので楽しいですよ。

ココナッツチップスやバナナチップスなどのドライフルーツ類やグミのようなもの、柿の種、コーンフレークなど、あれこれ試してみてください。


てんさい糖使用のお勧めチョコレート


アレルギー対応のチョコレート元祖板チョコ【辻安全食品】 02P05Sep15



ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(アマンドショコラ カシューショコラ 身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)

posted by スミレコ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425547036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック