2012年02月28日

道明寺(関西風桜餅)

doumyouji.jpg


もうすぐお雛様だというのに、この真冬の寒さは何でしょう!

明日、東京は雪が降るそうですよ。

ポカポカした暖かいお日様の陽ざしを早く感じたい〜!

せめて気持ちだけでも春らしくと、道明寺(関西風桜もち)を作ってみました。

道明寺粉というものを使って作るのですが、私は初め、そういう特別な粉があるのかと思っていました。

ところが、そうではなくて、餅米をただ細かく砕いたものだということがわかりました。
細かくすることで、上品な口当たりになるのだそうです。

確かに、おはぎより上品な感じですね。

さて、この道明寺(関西風桜もち)、「これ、私が作りました。」というと、「え〜!こんなもの作れるの〜!」とたいてい驚かれますが、作ってみると、あまりの簡単さにびっくりなんです。

餅米をふかすだけですから、ごはんやおいもをふかせる方ならどなたにでも作れます。

今回はほんのり桜色を出すために、「桜の花びらフレーク」という桜の花の塩漬けをフリーズドライしたものを使ってみましたが、これがすごくかわいくて、おまけに塩味がきいておいしさもアップで、とっても良かったのでお勧めしちゃいます。


[材料]4個分
道明寺粉・・・・100g
粒あん・・・100〜120g
桜の葉の塩漬け・・・4枚
桜の花びらフレーク・・・適量


[道明寺(関西風桜餅の作り方]
1.道明寺粉を水でぬらしてから、ふきんを敷いた蒸し器に入れ、20〜25分ほど蒸す。
2.桜の葉の塩漬けは水に10〜20分漬けて塩気を抜いておく。粒あんを4等分して丸めておく。
3.道明寺粉が蒸し上がったら、4等分して粒あんをくるんで丸め、周りに桜の花びらフレークをまぶしてから桜の葉で巻く。


道明寺粉は固すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい加減に蒸しあげてください。




桜花びらFDフレーク 3g



 つぶしあん270g


ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。いつもありがとうございます。感謝です!


こちらもよろしくお願いします♪
recipe_blog_1.gif

☆温かいコメントをありがとうございます。コメント欄は確認後に表示させていただいております。「作ってみたよー」や感想など、コメントいただけるとうれしいです。お返事は、ブログをお持ちの方はそちらへ伺います。ブログをお持ちでない方にはこちらでお返事させていただきますね♪
(道明寺(関西風桜餅)身体にやさしい マクロビオティック ビーガン スイーツ レシピ)


posted by スミレコ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子 Japanese sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254501034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック